セブンカードプラス 年会費 審査|公共料金OK nanacoチャージ

セブン系列利用者なら一番おトクでしょうね。

■お住まいの周辺にセブンイレブンやイトーヨーカドーがある人ならセブンカードプラスが最もおトクになると思います。

 

■すでにセブンカードを利用している方の場合ですが、セブンカードプラスはこれまであった「セブンカード」と「nanacoカード」をドッキングさせたカードでなので、当然、乗り換えした方が便利になります。

 

■セブンカードプラス最大の特徴は、セブン系列でしか利用できなかったポイントがnanacoの使えるお店ならどこでも使えるようになったことです。

 

■ですから、セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズ、デニーズ、ロビンソンズ、西武、SOGOなどで利用してもnanacoポイントが貯まりますし、nanacoを利用できる店舗で利用しても同様にnanacoポイントが貯まるのです

 

■要するに、セブンカードポイント=nanacoポイントということです。

 

■自宅の周辺にセブンイレブンやヨーカドーなどがある人にはうってつけのカードだと思います。

詳しい内容はコチラを

2年目以降の年会費は1000円ですが・・・

■セブンカードとセブンカードプラスではほとんどすべての面でセブンカードプラスが優れていますが、唯一セブンカードが有利なところがあって、それが年会費です。

 

■どちらのカードも初年度は無料ですが、2年目以降、セブンカードでは500円、セブンカードプラスでは1000円となります。

 

■とはいえ、年間に5万円以上カードを利用すれば、2年目も無料ですから、ごく普通にセブンイレブンやnanaco提携店を利用する人であれば、ほとんど問題にならないと思います。

 

■また、カード利用という場合、店頭で利用するのはもちろん、公共料金などをセブンカードプラスで引き落とす(支払日は10日)場合も利用額に含まれるので、年間5万円の利用というハードルはかなり低いものになっています。

 

■そういう意味でも、いままでセブンカードを利用していた方はセブンカードプラスに乗り換えた方が有利ですし、初めてカードを発行する方もセブンカードプラスの方が便利だと思います。

詳しい内容はコチラを

ポイント付与率(還元率)が高いです!

■セブンカードプラスはポイント付与率(還元率)が高いことでも知られています。

 

セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズ・ヨークマート
 1.5パーセント還元
セブンネット・西武・SOGO
 1パーセント還元
国内・海外のJCB/VISA加盟店
 0.5パーセント還元 

 

■セブンカードプラスはどこでカードを使ってもポイントが貯まり、そのポイント=nanacoポイントとなるわけですが、上記のように、やはりセブン&アイグループでお買い物した方が付与率(還元率)は高いですね

 

■特に、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの1.5パーセントという還元率は、200円で3ポイント貯まることになり、他社のカードと比べてもトップクラスのものです

 

■ですから、繰り返しますが、セブンイレブンなどを頻繁に利用する人にとって、セブンカードプラスに勝るカードはちょっと見当たりません。

 

■さらに、貯まったポイント=nanacoポイントでもあり、nanaco提携店ならどこでも利用できるのですから、他に選択肢はないかと。

 

■カードを作る場合、JCBと提携したカードかVISAと提携したカードか、どちらか選べるので、この点もおすすめポイントです。

詳しい内容はコチラを

クレジットカード本来の利用もOK

■最後に、「言わずもがな」のことかもしれませんが、念のために確認を。

 

■セブンカードプラスはクレジットカードです。

 

■ですから、他のクレジットカードと同様に、キャッシング(借入)、分割払い、リボ払い、公共料金支払(10日支払日)などでも利用できます。

 

■加入は、高校生を除く18歳以上で、学生・主婦・アルバイトの人でも可能です。

 

■2年目以降年会費がかかりますが、上で説明したように、普通に利用していれば無料になるので、カードを持ち続けることによる負担はないと言えます。

 

■セブンイレブンという身近なコンビニ利用がベースになっているカードですから、2枚目、3枚目はもちろん、生まれて初めて取得するカードとしても最適だと思います。

詳しい内容はコチラを